ぬるま湯暮らし

ミニマリストに節約に 沸かないように冷めないように

【野田琺瑯洗い桶】これ一つで何役も!漂白、煮洗いに大活躍

wash-bowl 

こんにちは。こみひです。

 

野田琺瑯の『洗い桶』を使っています。

シンクに置いて食器洗いには、使ったことがないっていう。

それでも毎日大活躍しています。

 

 

琺瑯

ほうろう(琺瑯)は、金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けた素材です。

強いけれどサビやすい鉄と、美しいけれどもろいガラスを結合させて、強くて美しい両者の長所を活かした複合材料と言えます。

野田琺瑯

1934年 野田悦司 が創業。

創業以来 琺瑯(ホウロウ)一筋に製造。

国内で唯一、琺瑯づくりの全ての工程を自社で一貫生産している琺瑯メーカーです。

製品は、栃木県栃木市で製造しており、全てが日本製となります。

 

日本製ってなんかうれしい。

 

琺瑯のメリット・デメリット

メリット

  • においの強い食材を入れても、容器ににおいがうつりにくい。
  • 酸や塩分の高い食材に強い。
  • 直火OK。
  • オーブンOK。

デメリット

  • 長期間水に付けているとサビることがある。
  • レンジNG。
  • 衝撃に弱い。 

 

直火OKな洗い桶が便利です!

 

洗い桶

2種類あります。

丸型

 

  • サイズ:直径外寸305×高さ130mm
  • 容量:8L
  • 本体重量:約1.2kg
  • 素材・材質:ホーロー用鋼板(ホーロー加工)
  • 生産国:日本

楕円型 

 フチが広く安定感があるので、持ちやすく安心の使い心地。

  • サイズ:約380×287×高さ126mm
  • 容量:8L
  • 本体重量:約1.150g
  • 材質:ホーロー用鋼板(ホーロー加工)
  • 原産国:日本

 

スペースを有効に使える楕円型を持ってます。

 

洗い桶の使い方

シンクに置いて使う以外の、使い方を紹介します。

食器の漂白に 

wash-bowl1

茶しぶのこびりついた湯飲みや、食品の色が移ってしまったまな板の漂白などに。

40度以上のお湯2リットルに対して、大さじ1杯の過炭酸ナトリウムを振り入れ、食器を入れて1時間程度つけおきしたあと、よくすすぎます。

 

衣類のつけ置き漂白に  

wash-bowl2

40度(入浴するぐらいの温度)のお湯3リットルに、大さじ2杯の過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を振り入れ、衣類をつけこみます。

1時間ぐらい(お湯がさめるまで)置いて、すすぎます。

こみひはこのあと、他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて、洗濯して外干ししています。

 

布巾やタオルの煮洗いに 

wash-bowl3

布巾やタオルを入れて、重曹を大さじ1杯(適当)入れて、水またはお湯を入れて火にかける。

グツグツ言いはじめたら火を止める。

冷めたら水洗いして天日干し。

 

こみひは熱くない程度に冷めたら、他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて洗濯して外干ししています。

 

食器の仮置きに  

wash-bowl4

洗った食器は拭いてすぐ食器棚にしまうより、拭いたらここで、しっかり乾燥させてからしまっています。

 

やめたこと 

五徳のつけ置き洗いがしたくて、五徳が入る大きさが条件で洗い桶を購入しました。

wash-bowl5

やってみると、こみひ家の五徳は重くて扱いにくく、洗い桶を傷つける結果に。

なので、五徳のつけ置きに洗い桶を使うのはやめました。

 

 

おわりに

洗い桶は、毎日大活躍しています。

琺瑯は直火OKなのがいいですね。

使っていないときは、食器の仮置き用が定位置。

ステンレス製の洗い桶だったら、もっと生活感が出そうですが、野田琺瑯の白い洗い桶は、見せる収納でもスッキリして見えるのでいいですよ。

 

 

ワイシャツの襟汚れはブラシを使わずつけ置きで簡単キレイに!

 

 

水切りかごを使わないようになってキレイを保ちやすくなりました

 

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ