ぬるま湯暮らし

ミニマリストに節約に 沸かないように冷めないように

【服の簡単リメイク3点】ストレスを減らして着心地アップ!

こみひです。こんにちは。

 

柊です。『洋服リメイク』の話をするです。

 

remake 

手放そうとしていた、まだお気に入りの服に手を加えたら復活!出番が増えました。

 

 

パフスリーブを普通袖に

手放そうと思っていたブラウス。

 

どうして手放そうと思ってるですか?

 

見た目は、今でも気に入ってるんだけどな〜。
でも、この服着ると暑いんだよね。

  

パフスリーブは好き。

だけど、夏に半袖のパフスリーブは、熱がこもって暑いんですよね。

  

 

それなら、熱がこもらないようにリメイクしたらいいんじゃないですか?

  

そっか。
手放そうと思ってたから、失敗してもいい!くらいの気持ちで、思い切ってリメイクに挑戦してみるよ!

 

 

パフスリーブから普通袖に。   

remake1

袖の端をカットして、三つ折りしてミシンがけしました。

袖が広がったことにより、熱がこもりにくくなって着心地アップです。 

 

快適になって、このブラウスの出番が増えました!手放さずにまだまだ着ます。

  

肩から覗くインナー  

 

ボートネックとか、襟ぐりの大きな服って、インナーどうしてるですか?

 

こみひは、覗いても割と気にしないタイプ。

  

remake2

このくらいインナー(黒い部分)がのぞいていても平気だったりします。

 

 

普段はいいけど、きちんとしたい時はのぞかないのがいいです。

 

おしゃれしてお出かけの時は、気にした方がいいかもね。

 

テイピーショルダー 

こんなもの見つけました。

 

服の邪魔にならないところ(主に肩部分)に縫い付けておき、スナップボタンでインナーを固定させる仕組みです。

 

両方の肩部分に、テイピーショルダーをそれぞれ2か所、手縫いで縫い付けました。

縫い付けた画像は、上手く撮れなかったので割愛。。。すみません(汗)

 

remake3

インナー見えない方が、スッキリしていいですね。

 

慣れるまで、いつものように脱ごうとして、服とインナーが肩部分でくっついてて、もたつくって事が続きます(笑)

  

取り付ける手間があるけど、トップスとインナーが固定されて、多少動いてもガバガバしないので気に入ってます。

 

【番外編】レース付きタンクトップ

 

見せるインナーもオススメです。

こみひは、白と黒の色違い持ってるよ〜。

 

見えても可愛い、レースのタンクトップ。

remake4

  

 

手っ取り早く、襟ぐりのあいた服を気軽に着られるのがいいところ。
見た目も可愛いです。

  

ウエストのゴム

ウエストゴムが楽チン!という人が多い中、こみひはウエストゴムが苦手です。

厚めの生地でゴムになっていると、赤くなってかゆくなるんです。

 

後ろに少しだけ入ったゴムなら大丈夫かな、と去年買ったスカート。

やっぱり肌に当たって気になります。

 

ゴムが入っている部分が短いこともあり、思い切ってゴムを取り出すことにしました!

 

ゴムを取り出す予定でしたが、ゴムを止めてある、片方(After画像の左端)のミシンがけをほどくだけでゴムの効果がなったので、ゴムを残したまま終了です!

簡単でした!

ゴムの跡が生地についているのは、ベルトでほとんど気になりません。

 

ゴム部分も短いので、ゴムの効果をなくしても、ずり落ちる程ではなかったです。

 

ただ、前よりも後ろの生地の方が大きくなる分、見た目が少し変わってきます。

後ろ全部がゴムの場合は、前後の差が激しくなって、サイズがかなり変わってきそうですね。

 

ゴム部分の肌当たりがなくなって着心地アップしました。

  

  

おわりに

最近は、服を選ぶ時には着回しなど、色々しっかり考えてから買うように心がけるようになりました。

それでも時々、着ていて気になるところが出てくることがあります。

 

今までだったら、ただ着なくなっていくだけでした。

 

でも今は、

『お気に入りの服なのに、どうして出番が少ないのか』

を考えて、自分で簡単に解決出来そうなら、リメイクしています。

 

お気に入りの服だからこそ、手放す前に出来ること、を考えられるようになりました。

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ