ぬるま湯暮らし

ミニマリストに節約に 沸かないように冷めないように

洗っているのに虹色になるステンレス鍋はクエン酸で簡単キレイに

こんにちは。
夜中に柊がネズミを連れて帰ってびっくり!?、こみひです。

 

oxide-film

ずっとキレイに使い続けたい、ステンレス鍋。

いつもの洗剤では落ちない汚れに、クエン酸で簡単にキレイになりました。

 

 

洗っているのに虹色に?

こみひ家でいつも使っている食器洗剤は、弱アルカリ性。

www.komihilife.com

 

 

ちゃんと洗っているのに、鍋の底が段々と虹色になっていきます。

oxide-film2 

虹色の正体は? 

これは『酸化皮膜』というもの。

衛生上の問題はないので、そのまま使っても大丈夫です。

 

酸化被膜とは
金属表面に発生する不動態の皮膜。空気中の酸素に触れて自然発生する被膜を指し、金属と空気が直接触れることを防ぐ保護膜としての効果があります。
この酸化被膜があることで、ステンレスは、さびにくくなっています。
また、剥がれても、しだいに再生されてくるものです。

  

酸化皮膜にはクエン酸

虹色は、クエン酸で簡単に落ちるそうです。

酸化皮膜は、なくなってもまた再生されるということなので、見た目も気になってきたし、やってみました。

 

クエン酸とお湯を少し入れて。

oxide-film3

鍋をくるくる回すだけ。

 

oxide-film4
簡単にキレイになりました!

 

酸化皮膜は悪いものではないけれど、やっぱりピカーっとした鍋の方が気持ちいいですね。 

  

おわりに

ケトルを拭くと黒い汚れが布巾に薄く付く場合は、ステンレス表面の酸化被膜を強くこすることによって付着したもので、衛生上の問題はないけど、強くこするほど付着するそう。 

やさしく拭いてあげるのがいいですね。

 

ガサツなので、気をつけたいところ。

 

酸化皮膜は、簡単にキレイになったので、これからも、時々クエン酸とお湯でくるくるしようと思います。 

 

愛用している鍋

 

鍋の保管場所は意外?冷蔵庫も利用しています

 

  

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ダスキンといえば!レンタルモップお試し