ぬるま湯暮らし

ミニマリストに節約に 沸かないように冷めないように

スッピンで出かける時に大活躍している調光レンズのダテメガネ

こんにちは。こみひです。
紫外線が気になりはじめる季節ですね。

 

家にいることが多いので、だいたいスッピンで過ごしています。 

肌がのびのびしていいけれど、ちょっと出かける時が困りもの。

 

 

日焼け対策

スッピンで出かける時の日焼け対策に、帽子をかぶっていました。

でも、 目から入る紫外線で肌も日焼けする と知ってからは、サングラスも使うようになりました。

クリアレンズで紫外線カット対応もあるけど、なにより昼の屋外は眩しいので、サングラスがいい。

 

だけど、サングラスのままお店に入ったら、商品が見づらいんですよね。。。

 

おまけにこみひの場合は、アヤシイ人に。。。

 

 

お化粧をしていれば、店内ではサングラスをはずせばいいんだけど、スッピンは何かと隠したい。

 

屋内では伊達メガネ、屋外ではサングラスになるものって無いのかな〜。

 

ありましたー!

 

調光レンズ

 

調光レンズとは
紫外線に反応して、レンズの濃度が変化するレンズです。

 

まさに希望通りです!

紫外線の少ない屋内ではクリアレンズに、屋外ではサングラスに。スバラシイです

 

ネットで検索したら、Zoffのページで、WEB限定 2wayレンズ搭載ダテメガネを見つけました。

 

試着できないので悩んだけど、注文!

自分に似合うのかどうかが心配でしたが、意外と大丈夫でした。 ちょっとアラレちゃんっぽいですけどね〜

 

ちなみに、お小遣いで買いましたよ。

 

light-control-lens1

家の中ではクリアレンズ 

 

light-control-lens2

屋外ではサングラス

 

運転中

心配だったのが、運転中、トンネルに入ったとき。

暗いままトンネルに入ったら、危ないですよね。

 

2wayレンズ搭載ダテメガネの、可視光線透過率(最大着色時)は、26%

 

『可視光線透過率』
レンズの明るさを示す数値。
数値が高いほどレンズの色の濃さは薄く、視界は明るくなり、数値が低くなるにつれて色が濃くなり、視界は暗くなります。
ドライブに適しているのは、25%〜45%と言われています。

  

幸い、こみひ家の車はUVカット対応の窓なので、車の中では色が薄〜いです。

眩しいのはある程度抑えられるし、トンネルも大丈夫そうです。

 

車の外から、中に入った時のレンズの色の変化です。 

 

おわりに

スッピンの時、調光レンズのダテメガネが、大活躍しています。 

眩しいのも抑えられて、「スッピンは恥ずかしいわ」、にも対応してくれて(笑) 

 

ますます、スッピン率が上がりそうです。 

 

 

 

2wayレンズ搭載ダテメガネ注意事項

※紫外線量が同じであっても、気温の高い夏は色が濃くなりづらく、気温の低い冬は色が濃くなります。
※車中など、紫外線カットガラスの中では発色しません。
※濃くなってから淡くなるまで多少時間がかかります。トンネル等、暗い場所に入る際は危険ですのでご注意ください。

 

   

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村