ぬるま湯暮らし

ミニマリストに節約に 沸かないように冷めないように

【ハンドメイド】余っていたさらしで洗える洋服カバーを作成

handmade-clothes-cover

 

こんにちは。こみひです。

 

ガーゼと木綿の晒(さらし)が余っていたので、洋服カバーを手作りしました。

 

 

さらしとは

晒(さらし)は生地綿布や麻布にに精練、漂白処理を施した純白の織物。

肌ざわりがよく、丈夫なので,和服用や乳児用の肌着や、妊婦の腹帯に使われる。

染色加工して色物・柄物にすることも。

サイズは、幅約33㎝×長さ100㎝が主流です。

 

柿渋染めして暖簾や、シーズンオフ中のラグを入れる袋を作ったり。
あると便利なさらしです。

 

使い道のない、余っていたさらしで洋服カバーを作りました。

 

 

さらしの洋服カバー

前はガーゼ素材。

handmade-clothes-cover1

 

後ろは木綿素材。 

handmade-clothes-cover2

 

前の中心は縫いあわせていません。

handmade-clothes-cover3

シーズン中でもカバーかけておき、使用する時にもハンガーに掛けたまま簡単に取り出せます。

 

後ろの裏側

handmade-clothes-cover4

白い糸を切らしていたので赤い糸を使っています。

幅のある服に使えるように、肩部分にマチをつけています。

 

後ろの裏側の真ん中

handmade-clothes-cover5

後付けでブロックを入れるスペースを手縫いしました。

防虫・消臭効果のある、無印良品レッドシダーブロックを入れています。 

 

  

おわりに

前はガーゼ、後は木綿で、通気性もなんとか大丈夫でしょうか。

 

掛けたまま出し入れ出来るので、シーズン中もカバーした状態で使っています。

白色のミシン糸を切らしていたので、思い切って赤色にしてみました。

 

さらしを前ガーゼ2枚、後ろ木綿2枚で、端の処理も少なくて済むので簡単です。

首回り部分は適当にやりすぎてほつれもありますが、自分で使うものなので気にしていません。

 

洗濯して繰り返し使えるのがいいですね。 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ