ぬるま湯暮らし

ミニマリストに節約に 沸かないように冷めないように

やってよかった大人の歯列矯正

こんにちは。こみひです。

 

去年の夏に装置がはずれて、今はリテーナー(保定装置)生活です。

 

矯正歯科の初診相談で、2年半かかると言われました。

が、実際は1年長くて3年半でした。

予定より長くかかったけど、間違いなくやってよかったと思ってます!

 

  

大人になって始めた歯列矯正

もともと上顎前突(じょうがくぜんとつ)、いわゆる出っ歯で、全体的にガタガタの歯並び。

久しぶりに行った一般歯科で、虫歯がい〜っぱいある事を知ったのがきっかけです。 

 

矯正の種類

ワイヤーを使う表側矯正裏側(舌側)矯正、マウスピース型のインビザラインがあります。

上は目立つので裏側矯正、下は上程目立たないので表側矯正の、ハーフリンガルという方法もあります。

 

f:id:komihi:20190226112732p:plain

表側矯正

  

病院選び

病院選びは大事です!

保険が効かない歯列矯正は、病院によって使用する矯正装置や金額設定も異なるので、無料の初診相談をしてから、病院を決めるのをオススメします。

抜歯、非抜歯も病院によります。

抜歯の場合は、4番(中心の前歯から数えて4番目)を抜歯する事が多いです。

 

こみひの場合

虫歯がいっぱいあると知った一般歯科で、最初のカウンセリング担当者が、矯正終わったばかりと聞き、そのカウンセリング担当の素敵女子と同じ矯正歯科にしました。

 

矯正した人から話を聞くのもいいですよ。

  

抜歯は上側は左右共4番、下側は右4番で、下左は抜歯しませんでした。


それと、親知らずも虫歯だったので抜歯して、今はもう親知らずありません。

当初は親知らず残したい気持ちもあったけど、磨きにくくて虫歯になってばかりだったので、今は抜いて良かったと思ってます。

 

表側とマウスピースの両方を体験

こみひが選んだ矯正歯科医院は、主に表側矯正で、終盤はマウスピース矯正で微調整でした。

表側矯正は、矯正歯科の先生が直接行い、マウスピース矯正は、歯型を取り、歯科技工士がマウスピースを作成します。

インビザライン は最初に全部マウスピースが出来ちゃう仕組みなので、こみひのマウスピース矯正とは微妙に異なります。

 

表側矯正

目立つのは、次第に気にならなくなります。

見れば誰でも、矯正中って分かってもらえます。

歯磨きはいつも以上に注意して、しっかり磨く事が定着して平気になります。

いつでも食べられるのがうれしい。

 

マウスピース

目立たないけど、ワイヤー矯正ほど浸透していないので、気づかれた時に矯正中と分かりにくい。 

喋りにくいのは、すぐに慣れて平気になります。

歯磨きがしやすいのと、歯並びの状態がよく分かるのは良かったです。

ただ食事の時、外すのが面倒でした。

歯磨き後、つけ忘れることもよくありましたね。

  

どちらの矯正でも、はじめは違和感があったけど、しだいに慣れて平気になりましたよ。

 

 

歯列矯正を終えて

歯を閉じてカチッと合わせた時、全ての歯が均等に上下に当たっている今、やって良かったと感じます。

 

上の歯は下に向いて、下の歯は上に向いてます。嬉しい。

以前は、ガタガタで前後左右に向いていたんですよね〜。

 

口を閉じると出来ていた梅干しが、なくなりました! 

 

若いほうが、子供のほうが動きが早いけれど、自分の意思ではじめているので、長期間でも苦痛ではありませんでした。

ブラケットオフはうれしいけれど、ちょっと寂しいような気持ちにもなりましたよ。 

 

歯列矯正の金額は。。。100万円かかりました!

始めた頃は、今よりもお金に少し余裕があったので、始めることが出来ました。

今だったら無理だったかも〜。。。

タイミングも大事です。 

 

先日テレビで見たんですけど、芸能人御用達の歯科医院で、裏側矯正が1年で出来ていました。

早い方がいいけど、その分金額も高めでした。

ただ、早く動かしてキレイになっても、キープ出来るのか不安に思いました。

ゆっくり動かすよりも、戻ろうとする力が強そうです。